モテるビジネスマンの働き方!デキる男に求められる条件とは?

モテるビジネスマンの条件

男は仕事を通して女性に魅力を伝えることができます
学生の頃にどれだけ勉強やスポーツができてモテていた人でも、仕事を始めてビジネスマンとして成功できなければ、モテなくなってしまうケースもあります。

 

仕事は頭の良さやルックスではなく、要領の良さが重要です。
同じ時間をかけるにしても、デキる男は効率的に周囲へ良い印象を与えて更に結果も残します。
また、営業職をはじめ仕事は数字で成績の決まることも多いですが、数字だけを追いかけるのではなく、上司や部下からの人望の厚さも重要視されます。

 

モテるビジネスマンの条件をみていきたいと思います。

 

服装がビシっと決まっている

 

様々なデザインのスーツ

 

スーツは体型にフィットした細身のタイプがトレンドです。
2~3万円で作れるオーダースーツも増えているので、ジャストフィットサイズのスーツを持っていない人は是非検討してください。

 

クリーニングを定期的にしてシワはなくズボンのラインはしっかり出すようにしましょう。
靴は綺麗で疲れていない状態に保ちましょう。

 

ストライプの入ったスーツ・柄物・色付きのワイシャツでオシャレ感を演出するよりも、状態の良い物を身につけることが大切です。
特にワイシャツは常に白系を着ることで清潔感をアップさせます。

 

髪の毛は刈り上げなど、だらしなさを出さないように意識して、ヒゲや腕、指の毛の処理も忘れないようにしましょう。

 

自己中心的な仕事をしない

モテるビジネスマンは営業成績の良さや仕事の正確さ・スピードだけではなく、周りへの気遣いにも長けているものです。

 

後輩への面倒見の良い姿は同僚の女性から好印象を持たれますし、普段から後輩を罵ったりワンマンプレイで仕事をしている人はプライベートでも仕事で身に付いた悪い癖が出てしまうものです。
就職して仕事をはじめてから性格が悪くなる人も多いです。
新人時代に上司にイジメられたり理不尽なことをされた経験があっても、自分が同じことをしないようにしましょう。

 

営業上手な男性のイメージ

 

仕事で人望の厚い人は、人のせいにしたり誰かに罪をなすりつけようとしません。
ビジネスをする上で、部下や後輩、仕事のできない同僚に適切な指導をすることも大切ですが、常に自分を正当化してはいけません。
明らかに他人のミスで悪い影響が出ても、文句を言わずに処理したり、自分にも一部で非のあることを認めるようにしましょう。

 

取引先に対しての愚痴も社内であまり言わないようにしましょう。
仕事をする上で偽善者を装うことは必要不可欠ですが、電話を切った途端に「なんだよ、あの客よー」などと態度を一変させたり、上司のいなくなった途端に悪口を言うのはNGです。
仕事は誰もが辛い部分を感じているもので、ネガティブな発言は周囲が聞いていて気分の良いものではありません。
職場のなかで裏表を出さないようにすることと、職場の雰囲気を悪くさせないように意識しましょう。

 

デスクはいつも整理整頓されている

仕事は営業成績が良かったり、出世して責任が増えると業務量も増えていくものです。
忙しくなっても、デスクをはじめ身の回りは常に整理整頓を心がけるようにしましょう

 

デスクの状態は同僚もみんな見ているもので性格の現れる部分です。
多くの業務量をこなしているのに、デスクにはムダな荷物が出ていなくて綺麗な状態を維持していると、「あの人は根本から違う」と一目置かれる存在になります。