諦めるのはまだ早い!モテる男になるために今日からできる簡単テクニック

モテる男の条件とは

 

ハーレム状態の男性

 

男性は女性に比べて容姿が悪くてもモテるチャンスが大きいです。
容姿が関係ないワケではないですが、顔が整っているかどうかよりも、身だしなみや仕草や性格を重視される傾向があります。
つまり、男性なら誰でもモテる男に変身することが可能だということです。

 

実際にモテる人はそれなりの努力をしているものです。
全てが女性にモテるための取り組みではなく、仕事や男友達との付き合いに対してのことでも努力しています。
そういった姿を見せることで女性からの高評価にも繋がります

 

イケメンとブサメンであればイケメンの方がモテるのは当たり前のことですが、こうした極端な二択で見ていくとモテる条件は以下のものがあります。

 

女性の判断基準イメージ

 

  • 仕事はできないよりもできた方がモテる
  • 男友達からの人望が厚い人は女性からもモテる(人望の薄い人はモテにくい)
  • 不潔感のある人より清潔感のある人の方がモテる
  • 気配りができないよりも気配りできる男はモテる
  • 体型はヒョロヒョロやポッチャリよりも、適度な体格があって引き締まっていた方がモテる
  • お金はないよりあった方がいい
  • だらしなくて自己中より家庭的な方がモテる
  • ダサい服を着ているよりもオシャレな方がモテる

 

上記は全ての年代に共通していることで、モテる男は好条件をいくつも持っています。
仮にイケメンでお金を持っていたとしても、他の内容がダメならモテません。

 

年代別にモテる男性は変わってくる

魅力的な男性像は年代とともに変わってきます
たとえば10代であればスポーツの得意な人はモテます。(10代男性がモテるためにできることはこちら)
歳を取るにつれて、経済力や落ち着いた性格、優しさなどを重視されるようになっていきます。

 

極端な例え方をすると、男性ならではの魅力と人としての魅力の2つがあったら、若いうちほど男性ならではの魅力が強く、歳を取るに連れて人としての魅力を重視されるように変化していきます。
当サイトでは10代から40代まで世代別に女性から求められる条件をまとめています。

 

ただし、どの年代を通しても共通しているモテ必須ポイントがあります。
それはズバリ、清潔感!
今まで清潔感を気にかけてこなかった人は「基本的な清潔感のつくり方」をご覧下さい。

 

若い頃にモテていた人が大人になってモテるとは限らない

 

おぞましい年齢の変化イメージ

 

小中高生や大学生、専門学生などは自由で天真爛漫に生きている人がモテます。
若い頃にモテる人は良いルックスや優れた運動神経など、長所とセンスを持っていることが多いです。
しかし一方でセンスや自由に任せて生きていると、努力することを怠りがちになってしまい、いつか努力家の凡才に抜かれる日がやってきます

 

理想的な人生は歳に応じてスタイルを変えていくことです。
将来モテる男になるために努力するのも悪くはないですが、今の自分の状況や身丈にあった努力をして成長していくことが理想です。

 

  • 現在を大事にする
  • 時代と年齢に応じて順応していく
  • 常に向上心を持つ

 

この3つを持っていれば何歳になってもモテ続けることができます。
若い頃にはモテていたのに、大人になってモテなくなる人が多いのは、挫折経験が少なく打たれ弱い部分を持っているからです。
逆に学生時代はモテなかった、運動音痴、仕事ができない、というような苦労した経験を持っている人は、どこかで転機が来た時にその状態を長くキープすることに優れています。

 

>>ビジネスマンになってからモテるための方法

 

間違った努力や勘違いをしてはいけない

 

スーツ姿のイケメン

 

男性は努力によって、人としての魅力と男性としての魅力の両方を高めていけます。
必要になるのは手間とお金ですが、両方を費やしたからといって無条件で女性から支持を得られるわけではありません。

 

モテない男性あるあるとしては、努力はしていても方向性が間違っていることが多いです。
モテる男性は努力する方向性が正しくて、効率的に自分の価値を高めています。

 

たとえば、ワイルド系の俳優に憧れて長髪にヒゲを生やしたとしても、顔のパーツが悪ければ不潔感が出るだけです。
もちろんイケメンでなくても似合う人や、そういう男性がタイプな女性もいます。が、それは少数です。

 

容姿を見直すなら、ヒゲは綺麗に処理して短髪!メンズ脱毛で清潔感と爽やかさを出したほうがモテる確率は更に高まります。

 

”高収入”と”仕事がデキる”は違う

 

余裕のない男性と爽やかで余裕のある男性

 

社会人になると仕事を重視されます。
収入は多いに越したことはありませんが、お金や成績に執着しすぎてもよくありません。
高収入を得るために睡眠時間を削って毎晩遅くまで働いたり、ストレスを溜め込んでしまっては周りから見ても輝いている人とは違います。

 

仕事にやりがいを感じたり適度なメリハリをつける、周囲への気配りも怠らず職場で良好な人間関係を作るなど、職場から必要とされる人間は女性からもモテます
仕事よりも遊びを重視して生きるのは歳を取るにつれて低評価につながっていきますが、お金やプライベート、仕事への貢献などのバランスを取ることでカバーできます。

 

モテる男の条件として、気持ちに余裕を持っていることが重要です。
仕事に対してのストレスを家庭や恋人といる場所に持ち帰らないことや、お金に対しても多少の余裕を持てるような男を目指しましょう。
お金への余裕は収入と連動する部分もありますが、低収入でも無駄を削減して使うところではしっかり使えるマネジメント能力があれば問題ありません。